オーディションの流れ

シニアタレントのオーディションは各芸能プロダクションやタレントスクールで随時行われています。ネット上で検索すると、タレントや声優、俳優などの部門とともにシニア部門のオーディションが併設されていることが多くあります。

年齢制限は各オーディションによって差異がありますが、概ね40歳以上に設定されています。また、「他の特定のプロダクションに所属していないことと」という条件がおおよそ全てのオーディションにおいて設定されています。

オーディション自体は無料であり、ネット上で決まった応募フォームに必要事項を記入して送ることで応募が完了します。その後オーディションの日程が指定され、オーディションに臨むことになります。オーディションを通過した後は、プロダクションに所属、あるいはスクールへの入学が許可されることとなり、タレントとなるためのレッスンを受けていくことになります。

レッスンを受けながらタレントとしての仕事を与えらえることもあり、その場合は出演料が発生し、晴れてタレントとしての第一歩を刻むこととなります。ここで注意が必要なのは、オーディションは無料ですが、レッスンは有料となるということです。そのため、合格した後も経済的に続けていくことができるかどうかを事前に吟味しておかなくてはなりません

PICK UP⇒http://www.theatre.co.jp/audition