合格のために

昨今の芸能界においては、例えば声優やアイドルの歌手が10代にしてデビュー・ブレイクするという事象が多く起こっています。しかし、シニア層の人生経験に基づいた深みのある雰囲気などは、若年層のタレントには出せないものがあります。そうした若者との違いを出していくことで、シニアタレントとしての付加価値を見出すことができます。この年齢からでももう一度夢を目指すんだという気概があれば、生き生きとしたセカンドライフを送ることにもつながっていきます。

シニアタレントという道を目指す人の中には、過去に演技の経験がある人もいれば、全くの未経験という人もいるでしょう。しかし、これからタレントを目指すという意味においては、スタート地点は同じです。まずは、オーディションを思い切って受けてみるというのが第一歩です。自身の現在の力量を見極めるということ、そしてオーディションとはいかなるものかということを身をもって経験するというということが必要です。オーディションは一度落ちても再度挑戦できるところもあるため、経験は積めるだけ積んでおく方が良いでしょう。

オーディションにおいて一番良い状態の自分を審査してもらうためにも、普段から健康には気を付けたいところです。自己管理は、タレントとなった後も大事になってくるところです。普段から健康を保つということが、オーディション合格のための重要な要素となります。

オーディションの流れ

シニアタレントのオーディションは各芸能プロダクションやタレントスクールで随時行われています。ネット上で検索すると、タレントや声優、俳優などの部門とともにシニア部門のオーディションが併設されていることが多くあります。

年齢制限は各オーディションによって差異がありますが、概ね40歳以上に設定されています。また、「他の特定のプロダクションに所属していないことと」という条件がおおよそ全てのオーディションにおいて設定されています。

オーディション自体は無料であり、ネット上で決まった応募フォームに必要事項を記入して送ることで応募が完了します。その後オーディションの日程が指定され、オーディションに臨むことになります。オーディションを通過した後は、プロダクションに所属、あるいはスクールへの入学が許可されることとなり、タレントとなるためのレッスンを受けていくことになります。

レッスンを受けながらタレントとしての仕事を与えらえることもあり、その場合は出演料が発生し、晴れてタレントとしての第一歩を刻むこととなります。ここで注意が必要なのは、オーディションは無料ですが、レッスンは有料となるということです。そのため、合格した後も経済的に続けていくことができるかどうかを事前に吟味しておかなくてはなりません

PICK UP⇒http://www.theatre.co.jp/audition

オーディションと年齢

タレントやモデル、俳優、声優、歌手など、テレビの向こうの芸能界に憧れを抱く人は多くいると思います。芸能人として芸能界入りするためには、オーディションを受けることが入口の一つとなっています。熾烈な競争の中からオーディションを勝ち抜くのは、当然ながら容易なことではありません。芸能界入りするために必要なスキルを普段から磨き、大事な場面で自分の力を最大限発揮するための精神力も必要な要素となります。

きらびやかで華のある芸能界は、願えば誰でも入れる世界ではありません。仮に入れたとしても、そこからさらに厳しい競争にさらされることとなり、そこでも自分の能力を磨き続けていかなくては生き残ってはいけません。そのような世界に対して夢を持つのは、若者の特権とも言えます。オーディションには年齢制限が設けられている場合もあり、芸能界入りを目指すうえで年齢がネックになるというのは否定できない要素です。

しかしながら、例えば子育てがひと段落して何か新しいことを始めてみたい、若いころに諦めかけた夢にもう一度向かってみたい、セカンドライフとして刺激的なことにチャレンジしてみたいなど、そういった想いを抱いている40歳以上のシニア層の方もいるのではないでしょうか。実は、そういった方々に向けたシニアタレント部門のオーディションというものが存在します。ここでは、オーディションを受けるために必要な基本的な事項を説明していきます。気持ちと心が充実していて、これから芸能界入りを夢見るシニア層の方々の参考になれば幸いです。