合格のために

昨今の芸能界においては、例えば声優やアイドルの歌手が10代にしてデビュー・ブレイクするという事象が多く起こっています。しかし、シニア層の人生経験に基づいた深みのある雰囲気などは、若年層のタレントには出せないものがあります。そうした若者との違いを出していくことで、シニアタレントとしての付加価値を見出すことができます。この年齢からでももう一度夢を目指すんだという気概があれば、生き生きとしたセカンドライフを送ることにもつながっていきます。

シニアタレントという道を目指す人の中には、過去に演技の経験がある人もいれば、全くの未経験という人もいるでしょう。しかし、これからタレントを目指すという意味においては、スタート地点は同じです。まずは、オーディションを思い切って受けてみるというのが第一歩です。自身の現在の力量を見極めるということ、そしてオーディションとはいかなるものかということを身をもって経験するというということが必要です。オーディションは一度落ちても再度挑戦できるところもあるため、経験は積めるだけ積んでおく方が良いでしょう。

オーディションにおいて一番良い状態の自分を審査してもらうためにも、普段から健康には気を付けたいところです。自己管理は、タレントとなった後も大事になってくるところです。普段から健康を保つということが、オーディション合格のための重要な要素となります。